Warning: Use of undefined constant WpNicodo - assumed 'WpNicodo' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcpiptan/www/ptan.info/wp-content/plugins/wp-nicodo/wp-nicodo.php on line 492

Warning: Use of undefined constant register_uninstall_hook - assumed 'register_uninstall_hook' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcpiptan/www/ptan.info/wp-content/plugins/wp-nicodo/wp-nicodo.php on line 498
p t a n . info » さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

[メモ] Vim on screen / tmux でターミナルに色が着かない場合の対処

原因: “screen-256color” が定義されていないため。

export TERMCAP="screen-256color|tmux GNU/screen:Co#256:AF=\E[38;5;%dm:AB=\E[48;5;%dm:tc=screen:"

[メモ] さくらのレンタルサーバで NeoComplete @ Vim 7.4

lua のインストールはこちらを参照のこと。
Mercurial のインストールはこのへんを参考にしました。

vim のインストール:

$ mkdir -p $HOME/local/src
$ cd $HOME/local/src
$ hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim74
$ cd vim74
$ ./configure \
    --prefix=$HOME/local \
    --with-local-dir=$HOME/local \
    --with-features=huge \
    --disable-selinux \
    --enable-multibyte \
    --enable-perlinterp=yes \
    --enable-luainterp=yes \
    --enable-pythoninterp=yes \
    --with-lua-prefix=$HOME/local \
    --with-python-config-dir=/usr/local/lib/python2.7/config \
    --enable-rubyinterp \
    --with-ruby-command=$HOME/local/bin/ruby
$ make && make install

NeoBundle のインストール:

$ mkdir -p $HOME/.vim/bundle
$ cd $HOME/.vim/bundle
$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim neobundle

$HOME/.vimrc に下記を追加

if has('vim_starting')
  set nocompatible
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle/
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))

NeoBundle "Shougo/neocomplete"

filetype plugin indent on

NeoBundleCheck

うちの設定はこんな感じ

[メモ] さくらのレンタルサーバに lua をインストールする

Vim 7.4でNeoCompleteを使えるようにするために、luaをインストール。

$ wget http://www.lua.org/ftp/lua-5.2.3.tar.gz
$ cd lua-5.2.3
$ make freebsd install INSTALL_TOP=$HOME/local

[メモ] さくらのレンタルサーバに git をインストールする

インストール手順はこちら。

$ wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.8.1.3.tar.gz
$ tar xvzf git-1.8.1.3.tar.gz 
$ cd git-1.8.1.3
$ ./configure --prefix=$HOME/local --enable-pthreads="-pthread" --without-tcltk --with-zlib CC=gcc
$ gmake
$ gmake install

その後、リモートリポジトリの作成。

$ mkdir -p ~/git/foo.git
$ cd ~/git/foo.git/
$ git init --bare

その後、ローカルリポジトリの作成。

$ mkdir -p ~/repos/foo
$ cd ~/repos/foo/
$ git init

作成したローカルリポジトリに、対応するリモートリポジトリを定義する。

$ cd ~/repos/foo/
$ git remote add origin ssh://foo@ptan.info/~/git/foo.git

以上!

[メモ] さくらのレンタルサーバに Vim-7.3.470 をインストール

2014/1/31更新:[メモ] さくらのレンタルサーバで NeoComplete @ Vim 7.4

2012年3月11日現在のvim最新版が7.3.470。これをさくらのレンタルサーバにインストールしたのでメモ。
まずMercurialをインストール。こちらを参考にしました。
で、vimリポジトリをもってくるところから。

$ cd ~/tmp
$ hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim

言語ファイルも持ってきてマージする。言語ファイルも最初から入っている模様。
configure, make, make install

$ cd vim
$ ./configure --enable-multibyte --with-features=big --prefix=$HOME/local
$ make && make install

~/.bashrcにLANG追加

export LANG=ja_JP.UTF-8

~/.bashrcの内容を即反映

$ source ~/.bashrc

以上!

ページのトップへ