Warning: Use of undefined constant WpNicodo - assumed 'WpNicodo' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcpiptan/www/ptan.info/wp-content/plugins/wp-nicodo/wp-nicodo.php on line 492

Warning: Use of undefined constant register_uninstall_hook - assumed 'register_uninstall_hook' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcpiptan/www/ptan.info/wp-content/plugins/wp-nicodo/wp-nicodo.php on line 498
p t a n . info » 4月 2014 のアーカイブ

4月, 2014 のアーカイブ

[メモ] CentOS 6.5 で NeoComplete が使える Vim 7.4.258 の RPM をビルドする

[メモ] CentOS 6.5 で NeoComplete が使える Vim 7.4 の RPM をビルドする の続編。

別環境に新たに Vim 7.4 を入れる機会があったので、基本的に上記のリンクの通りにビルドしたんだけど、今日現在で最新パッチバージョン (7.4.258) の Fedora 用 SRPM を見つけたのでそちらでビルド。
いつの時点からか、 vim.spec に

%define withlua 1

が最初から入るようになってる(・∀・)
じゃー rpmbuild -bb vim.spec 一発でいけんじゃね?!と思ったらやっぱり、 CentOS では

export LIBS=”-ltermcap”

の記述が必要みたい。
でも追記はこれだけで良くなったのは楽でいいね(・∀・)

手順:

$ sudo yum install rpm-build rpmdevtools python-devel ncurses-devel perl-devel libacl-devel gpm-devel ruby-devel ruby lua-devel gtk2-devel libSM-devel libXt-devel libXpm-devel perl-ExtUtils-Embed
$ rpmdev-setuptree
$ cd rpmbuild/SRPMS/
$ wget http://rpmfind.net/linux/fedora/linux/development/rawhide/source/SRPMS/v/vim-7.4.258-1.fc21.src.rpm
$ sudo useradd -s /sbin/nologin mockbuild
$ rpm -ivh vim-7.4.258-1.fc21.src.rpm
$ cd ../SOURCES/
$ cd ../SPECS/
$ vim vim.spec   <=== ココで 745 行目に export LIBS=”-ltermcap” を差し込む
$ sudo yum install
$ rpmbuild -bb vim.spec
$ cd ../RPMS/x86_64/
$ sudo rpm -Uvh vim-*

[メモ] gitのリモートブランチとタグが同名のときにリモートブランチだけを削除したい

消したいブランチの名前が、消したくないタグと同名の場合、

$ git push origin :your_target_branch

とすると下記のようなエラー。

error: dst refspec your_target_branch matches more than one.
error: failed to push some refs to 'your_repository'

そこで、下記のように指定する必要がある。

$ git push origin :refs/heads/your_target_branch
ページのトップへ