Warning: Use of undefined constant WpNicodo - assumed 'WpNicodo' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcpiptan/www/ptan.info/wp-content/plugins/wp-nicodo/wp-nicodo.php on line 492

Warning: Use of undefined constant register_uninstall_hook - assumed 'register_uninstall_hook' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tcpiptan/www/ptan.info/wp-content/plugins/wp-nicodo/wp-nicodo.php on line 498
p t a n . info » お仕事用メモ » ページ 2

お仕事用メモ

[メモ] Windows Vista/7 の管理者権限付きのメモ帳で hosts ファイルを簡単に更新する(改)

先ほどの方法だと、コマンドプロンプトを閉じてしまうと設定が消えてしまうようなので再投稿(;・∀・)

  1. スタートメニューの「コンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を選択する
  2. サイドメニューの「システムの詳細設定」をクリックする
  3. 「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリックする
  4. ユーザ環境変数に、環境変数名「PATH」を新規作成し、値に「C:\shortcuts(好きなフォルダパスでOK)」を入力するwindows_path
  5. 上記で入力したフォルダを作成する
  6. メモ帳のショートカットを上記のフォルダに作成する
  7. メモ帳のショートカットの名前を「hosts(拡張子なし)」に変更する
  8. メモ帳のショートカットのプロパティを開き、「ショートカット」タブの「リンク先」の値を
    %windir%\system32\notepad.exe c:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
    

    に変更する

    admin_notepad

  9. 同じく「ショートカット」タブの「詳細設定」ボタンを押し、「管理者として実行」にチェックする

以上!

使い方:

  1. Windowsキー + R で「ファイル名を指定して実行」を開く
  2. hosts と入力

[メモ] Windows Vista/7 の管理者権限付きのメモ帳で hosts ファイルを簡単に更新する

※(2014/2/6 追記)下記の方法はいちいち設定が消えてしまうのでこちらをどうぞ

こちら(→コマンド プロンプトから管理者としてコマンドを実行する)のページを参考に、

  • New Elevation PowerToys for Windows Vista
  • The Elevation PowerToys and Windows 7 (Windows7の場合のみ)

をインストールする。

コマンドプロンプトを表示して、下記の通り入力

doskey hosts=elevate notepad c:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

以上!

使い方:

  1. Windowsキー + R で「ファイル名を指定して実行」を開く
  2. hosts と入力

[メモ] CentOS 6.5 で NeoComplete が使える Vim 7.4 の RPM をビルドする

NeoComplete が使える」= 「–enable-luainterp=dynamic」。

ビルドエラーに結構悩まされたけど、「export LIBS=”-ltermcap”」がミソでした。

$ sudo yum install rpm-build
$ sudo yum install rpmdevtools
$ rpmdev-setuptree
$ cd rpmbuild/SRPMS/
$ wget ftp://rpmfind.net/linux/fedora/linux/development/rawhide/source/SRPMS/v/vim-7.4.131-1.fc21.src.rpm
$ sudo useradd -s /sbin/nologin mockbuild
$ rpm -ivh vim-7.4.131-1.fc21.src.rpm
$ cd ../SOURCES/
$ curl -O 'ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.4/7.4.[132-160]'
$ cd ../SPECS/
$ patch < ~/vim.spec.patch
$ sudo yum install libacl-devel gpm-devel lua-devel lua desktop-file-utils libselinux-devel gtk2-devel libSM-devel libXt-devel libXpm-devel
$ rpmbuild -bb vim.spec
$ cd ../RPMS/i386/
$ sudo rpm -Uvh vim-*

tig を repoforge(rpmforge) でインストールしている人は、rpmdevtools のインストール時に bash-completion がコンフリクトするので、 epel 版の tig を入れなおせばおkっぽい。

$ sudo yum install tig --disablerepo=rpmforge --enablerepo=epel

vim.spec.patch は こちら または こちら から。

[メモ] bash: 最初または最後のコマンド履歴を表示

よく忘れるのでメモ。

  • 履歴の先頭を表示: Alt + <
  • 履歴の最後を表示: Alt + >

[メモ] さくらのレンタルサーバで NeoComplete @ Vim 7.4

lua のインストールはこちらを参照のこと。
Mercurial のインストールはこのへんを参考にしました。

vim のインストール:

$ mkdir -p $HOME/local/src
$ cd $HOME/local/src
$ hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim74
$ cd vim74
$ ./configure \
    --prefix=$HOME/local \
    --with-local-dir=$HOME/local \
    --with-features=huge \
    --disable-selinux \
    --enable-multibyte \
    --enable-perlinterp=yes \
    --enable-luainterp=yes \
    --enable-pythoninterp=yes \
    --with-lua-prefix=$HOME/local \
    --with-python-config-dir=/usr/local/lib/python2.7/config \
    --enable-rubyinterp \
    --with-ruby-command=$HOME/local/bin/ruby
$ make && make install

NeoBundle のインストール:

$ mkdir -p $HOME/.vim/bundle
$ cd $HOME/.vim/bundle
$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim neobundle

$HOME/.vimrc に下記を追加

if has('vim_starting')
  set nocompatible
  set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle/
endif

call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))

NeoBundle "Shougo/neocomplete"

filetype plugin indent on

NeoBundleCheck

うちの設定はこんな感じ

[メモ] さくらのレンタルサーバに lua をインストールする

Vim 7.4でNeoCompleteを使えるようにするために、luaをインストール。

$ wget http://www.lua.org/ftp/lua-5.2.3.tar.gz
$ cd lua-5.2.3
$ make freebsd install INSTALL_TOP=$HOME/local

[メモ] Vim 7.4 の configure @ CentOS 6.5

本当にただのメモですw
あとでまとめる(かも)。

./configure \
  --prefix=/usr/local \
  --with-features=huge \
  --disable-selinux \
  --enable-multibyte \
  --enable-perlinterp=dynamic \
  --enable-luainterp \
  --enable-pythoninterp \
  --with-python-config-dir=/usr/lib64/python2.6/config \
  --enable-rubyinterp \
  --with-ruby-command=/usr/bin/ruby

[メモ] CakePHP 1.3.x で virtualFields を使って max()

こんなかんじ。

$this->Foo->virtualFields['max'] = 'MAX(Foo.bar)';
$max = $this->Foo->find('first', array(
    'fields' => 'max'
));

[メモ] ブラウザ毎の対応状況が一目でわかるサイト

やばい。超便利。

Can I use… – http://caniuse.com/

表の左肩の「Show all versions」を押すと、ブラウザの全バージョンについて確認できます。

確認できるブラウザの種類は下記の通り。

  • IE
  • Firefox
  • Chrome
  • Safari
  • Opera
  • iOS Safari
  • Opera Mini
  • Android Browser
  • Blackberry Browser

[メモ] さくらのレンタルサーバに git をインストールする

インストール手順はこちら。

$ wget http://git-core.googlecode.com/files/git-1.8.1.3.tar.gz
$ tar xvzf git-1.8.1.3.tar.gz 
$ cd git-1.8.1.3
$ ./configure --prefix=$HOME/local --enable-pthreads="-pthread" --without-tcltk --with-zlib CC=gcc
$ gmake
$ gmake install

その後、リモートリポジトリの作成。

$ mkdir -p ~/git/foo.git
$ cd ~/git/foo.git/
$ git init --bare

その後、ローカルリポジトリの作成。

$ mkdir -p ~/repos/foo
$ cd ~/repos/foo/
$ git init

作成したローカルリポジトリに、対応するリモートリポジトリを定義する。

$ cd ~/repos/foo/
$ git remote add origin ssh://foo@ptan.info/~/git/foo.git

以上!

ページのトップへ